FPのヨメ
節約はエンターテイメント! 10年で4000万貯めた主婦の節約法&家計簿公開
生活

【3ステップ】生活は小さく快適に モノを維持する手間を省けば、お金も時間も自由になる

「毎日の家事と買い物に追われて、自分の時間が全然ない」

「家事そのものが嫌いでやめたい」

こういう人におすすめなのが、モノを減らすことです。

わたしは数年前までは、毎日家事に追われて、ストレスマックスでした。

でも、モノを減らすことで、家事から随分と解放され、なおかつ貯金がぐんぐん貯まりました。

ママ友

それでもモノを減らせないのよねー。

今回は、どうやってモノを減らすのか、わたしが行った3つのステップを紹介します。

モノを減らすメリット

今、実際少ないモノで生活していて感じたメリットです。

掃除の手間が省ける

掃除が大嫌いなんです。なので、時間を取りたくないんです。

モノが少ないことで、それにかかる時間が大幅に減りました。

いつ人が遊びにきてもいい位の程度の部屋を、楽にキープできています。

場所が広くなる

賃貸のわが家は、正直狭いです。

でも、遊びに来る人はみんな、「あれ?思ったより広いねー」といいます。

それはやはり、大きなモノが場所を占めていないのが大きいのだと思います。

無駄な買い物が減る

必要なモノが少ない、というのもありますが、ストックの量もすぐにわかるので、買い物で迷う事がなく、買い物の時間と手間が省けます。

モノを減らすための3ステップ

実際にモノを減らしたのは、数年前のことです。次の3ステップで、一気に減らしました。

1.本を読んでインプット

数年前の年末、だんだん有名になってきていた片付けの本や断捨離の本、そしてミニマリストの本を図書館で借りて一気に読みました。

1冊だけだと、その人の考えに、合う、合わないなどもあります。

でも、数冊読むと、だんだんと本質にたどり着いていきます。

まずはシンプルな生活をしている人の情報をたくさん得て、そこに共通したメリット、そしてメソッドをしっかり理解し、インプットします。

2.イメージする

生活しながら、これがないとどうかな、あれがないとどうかな、とイメージしていきます。

そうして生活していくと、こまごましたものだけでなく、「この棚がなければもっとリビングが広くて快適かも」とか、「ソファってなくてよくない?」など家の中のいろいろなモノが気になります。

小さいものから大きなものまで、なくても問題ない、むしろないほうが快適かも、というのをイメージしていきます。

3.一気にやる

大体のイメージがついたら、時間を作って一気に処分していきます。

はじめのうちは、迷ったら戻す、としていましたが、だんだん迷ったら捨てる、に変わり、ペースアップしていきました。

本は、図書館で借りて間に合うものは思い切って処分しました。

ゆきこ

本を売ったら、一万円位になってうれしかったなぁ。

段ボールも送ってくれます↓

買取ならもったいない本舗

この時大事なのは、「まずは自分のモノから片づける」ということです。

つい、自分のモノを後回しにして、オットや子どものモノから片づけようとしてしまいますが、そうすると家族からうざがられてしまいます。

まずは自分のモノから片づけましょう。

まとめ

モノを減らすのは、インプット→イメージ→一気に行動の3ステップ。

まずは自分のモノを減らしてみましょう。