FPのヨメ
節約はエンターテイメント! 10年で4000万貯めた主婦の節約法&家計簿公開
生活

「本を売るならブックオフ」…だけじゃない! 簡単に売る方法から高く売る方法まで 

「家の大量の本をどうにかしたい」

「本を捨てるのはなんだかもったいない」

本は出来るだけ図書館で借りよう、と考えている我が家でも、本は増えます。

自分や家族が読まなくなった本も、捨てるより読んでくれる人に回るとうれしいですよね。

わが家がどうやって本を捨てず、またできるだけお金にしているのかご紹介します。

本の量多い 簡単 売上少ない

処分したい本は多いけど、手間をかける暇がないときは、ずばり、本の買い取りサービスです。

段ボールを先に送ってくれて、それにいらない本やCDを詰めて、集荷に来てもらうだけです。

査定が終わると、確認のメールが来て、OKならば指定の口座に振り込んでくれます。

わが家がよく使うのは、もったいない本舗と、ブックオフです。

もったいない本舗
【ブックオフ】公式宅配買取サービス

査定で値段がつかなかった本は、処分もしくは返品してくれます。

ただ、査定金額は安い…ですね。。。

本の量少ない~多い 手間かかる 売上多い

手間はかかりますが、もったいない本舗やブックオフより高く売れるのが、以下です。

  • メルカリで販売
  • ヤフオクで販売

メルカリで販売

フリマなので、こちらで設定した金額での販売となります。

値段の設定によっては、なかなか売れないのが難点ですが、希望の価格で販売できます。

ヤフオクで販売

わが家はヤフオクを使う事が多いです。

というのも、安く出品していても、希望者が価格を引き上げてくれることが多いからです。

本は、タイトルと状態だけきちんと書いておけば、写真をのせなくても売れます

ゆきこ

古本買い取りで買い取り価格10円と言われた本が、500円になるだけでも嬉しい!

まとめ

本の量が多く、時間がないときは、古本買い取りサイトを利用しましょう。

時間があるときは、できるだけメルカリやヤフオクで高く売りましょう。