FPのヨメ
節約はエンターテイメント! 10年で4000万貯めた主婦の節約法&家計簿公開
生活

【車なし子育て】自転車生活のメリットとは 車なし生活はどうやったらできる?

「車ないと大変じゃない!?」

「子どもが熱出した時とかどうするの!?」

車があるのが当たり前の世の中なので、持っていないだけで驚かれます。

わが家では移動は公共の交通機関と自転車、そして徒歩です。緊急時にはタクシーを使います。

バスや電車があるので、正直あまり困りません。

自転車は何よりも維持費が安い!!節約にはもってこいです。

今回は体験談をもとにした、自転車のメリットをお伝えします。

自転車はこんなにいい

自転車はとにかく安あがり!

わが家の自転車は5台あります。

  • ママチャリ  子どもが5歳の時に購入
  • ロードバイク 約20年前にオットが購入
  • ミニベロ 10数年前にわたしが購入
  • 息子用自転車 祖父母からプレゼント
  • 娘用自転車 祖父母からプレゼント

ママチャリは電動ではなく、一般的な自転車、シティサイクルとよばれるものです。

オット

電動自転車は、平均12万円位するから、我が家にはちょっと手がでなかったね…。

アイコン名を入力

自転車ならcymaサイマがおすすめ。ママチャリの種類がとにかく多いし、組み立てて送ってくれるから安心。

子どもが乗るための椅子は、ネットで買い、夫が取り付けました。

ゆきこ

子ども用椅子の取付は簡単なので、安いものや中古が見つかれば自分で取り付け可能!

電動自転車は非常に高額ですが、迷っているならレンタルをするという方法もあります。

最短1か月からレンタル可能なので、お試しで使ってもいいかもしれません。

シティサイクルは、自転車本体だけでなく、自転車置き場の利用代も安く済みます。

せいぜい、駅前やスーパーで1日100円~200円取られる程度です。

電動ではないので、電気代もかかりません。

パンク修理代は、一般的に1000円前後です。我が家では、夫が修理します。

自転車は渋滞知らず

自転車は、渋滞知らずです。

休日に道路が込み合うような、大きなショッピングモールなどには、時には車より早く着きます。

駐車場を考える必要もなく、また駐車料金も不要。

また、車で通ることができないような小道や裏道も通ることができます。

自転車で身体も健康に

自転車は自分でこがないと前に進まない!

当たり前ですが、日々のちょっとした積み重ねが、健康につながります。

季節を感じて走るのはとても気持ちよく、ストレス解消になります。

ママチャリ歴10年 ゆきこ

ママチャリダイエットもできるね。身体にもいい!

子どもの交通ルールの学習になる

子どもと一緒に自転車で移動することで、交通ルールの勉強になります。

特に小さいころは、並走することがほとんどですので、どういうところに気を付けなければいけないというのを、事細かく何度もいう事になるでしょう。

頭ではなく、何度も体で覚えて、一人で出かけるようになった時に危険リスクを減らすことができます。

雨の日対策

公共交通機関を使う

雨の日はバスや電車を使います。

年間で考えると、それほどたくさんの日数にはなりません。

ゆきこ

全国平均での雨の日は120日!

1年の約67%が晴れの日らしいよ。

また、1年に1回あるかないか位ですが、 緊急時にはタクシーも使います。

それでも交通費はたいしたものにはなりません。

レンタカーやカーシェアリングもおすすめです。

出かけない

晴耕雨読、雨の日は、家ですごす、というのも手です。

ゆきこ

子どもと映画鑑賞とか。

オット

家を漫画喫茶にするとか。

まとめ

車なし生活だと、車そのものの金額のほかに、駐車場代、ガソリン代もかかりません。

なおかつ、健康にもなります。

都会にに住んでいる方は、思い切ってやってみてはどうでしょう。