FPのヨメ
節約はエンターテイメント! 10年で4000万貯めた主婦の節約法&家計簿公開
生活

電動アシスト自転車vs普通自転車 どちらを選ぶ?ママチャリはネットで買おう

「子ども乗せるなら電動でしょ?」

「電動は楽でいいよー」

自転車を購入する時に迷うのは、電動アシストにするか、普通の自転車にするかでしょう。

幼稚園の送迎も、ほとんどのお母さんが電動アシスト自転車ですが、節約家庭の我が家はあえて普通の自転車にしました。

使ってみて5年、この選択は間違ってなかったなと感じています。

あえて普通のママチャリを選んだ理由と使ってみた感想です。

電動アシスト自転車と普通の自転車の違い

電動アシスト自転車は、ペダルをこぐ力をモーターで補助する自転車です。

なので、ペダルをこがなければ、走りません。

上り坂は、明らかにパワーを発揮してくれます。

普通の自転車は、だれもが一度は乗ったことがあるあの自転車、もちろん自力でこぎます。

急な上り坂は辛いですが、軽い坂道くらいであれば、それほど困りません。

電動自転車と普通の自転車のメリットデメリット

電動アシスト自転車普通の自転車
本体費用80,000円~150,000円10,000円~30,000円
修理費用タイヤ・チューブ交換
4,000円~14,000円
タイヤ・チューブ交換
3,000円~9,000円
バッテリー代20,000円~40,000円なし
重さ20~30㎏20㎏前後
こぎやすさ坂道が楽坂道がキツイ

普通の自転車のメリット

  • 値段が安い
  • メンテナンスが楽
  • 長持ちする

値段が安い

普通の自転車は、2万円前後で購入できます。

一方の電動アシスト子ども乗せ自転車は、安くても10万円前後!

また、電動アシスト自転車に乗っているママ友が、パンク修理に行った話を聞いたのですが、タイヤとチューブ交換で5,000円近くしたと聞き、ぶっとびました!

ゆきこ

電動アシスト自転車は、本体も高いけど、故障した時の修理費用なども高いんだね。

電動アシスト自転車は機械なので、パーツ別にもちろん保証期間もあります。

例えば、バッテリーの保証期間は大体2年です。

ゆきこ

バッテリーの保証は2年かぁー。

長く乗りたいから、ちょっと短いなぁ。

メンテナンスが楽

めんどくさがりのわたしにとって、こまめなバッテリーの充電は難点です。

また、車がない我が家にとって、自転車は毎日つかうものであり、故障の時に持って行く自転車屋さんが遠いのも気になりました。

オット

普通の自転車のメンテナンスは、慣れれば自分でできるよ。

長持ちする

良いものを長く使うほうが、我が家の家計にも、地球環境にも良いです。

普通の自転車は作りがシンプルで長くもち、修理も手入れも自分でできます。

また、子どもが高学年になったら、子ども用にすることもできます。

一般的な自転車の選び方

わが家は、この3つを基準にして選びました。

  • 値段
  • デザイン
  • 安全性

値段

予算を決めて、その中で選びましょう。

ただ、あまりに安いものは、やたらと重くてこぎにくいです。

デザイン

これが意外にも難しい…。

町の自転車屋さんでのママチャリの取り扱い量はかなり少ないです。

ただ、自分好みのデザインだと、長く、大切に、手入れしながら乗ろうと思うので、ここは大事です。妥協せずに探しましょう。

安全性

チャイルドシートをつけられるかどうか必ず確認しましょう。

安全基準を満たしているものをえらびましょう。 BAAマーク がついていれば安心です。

自転車はネットで買おう

自転車はネットで買うのが断然楽でお得です。

  • 圧倒的な品数
  • 口コミが参考になる
  • 届いたらすぐに乗れる

圧倒的な品数

街中の自転車やさんにはスペースに限りがあり、好みの自転車に出会えるとは限りません。

その点、ネット販売は販売数が多く、色も選べるなど好みに近いものが選べます。

口コミが参考になる

ネットの良いところは、なんといっても売る側だけでなく、買った人の声が聴けるところです。

ゆきこ

自転車の口コミなんて、普段なかなか聞けないもんね。

口コミを参考に、時間をかけて選ぶことができます。

届いたらすぐに乗れる

サイトにもよりますが、組み立て済みで送ってくれるところがおすすめです。

おすすめの自転車通販 サイマ

自転車通販サイト【cyma】

サイマは、常時10000点以上の品ぞろえ!

子ども乗せ自転車やシティサイクルの扱っている量が多く、自分好みのを選べます。

口コミの数も圧倒的!!

シティサイクルに、チャイルドシートの取り付けが可能か書いてあるので安心です。

ゆきこ

アフターサポートがすごすぎる!

パンク、ブレーキ、チェーンの修理が、自分の近くの自転車屋さんで年に3回まで無料で受けられます。

まとめ

電動自転車が高いと思うなら、普通の自転車でも大丈夫。

普通の自転車は安いうえに、メンテナンスも簡単でお金がかかりません。

ネットでお気に入りの自転車をさがして、長く大切に乗りましょう。