FPのヨメ
節約はエンターテイメント! 10年で4000万貯めた主婦の節約法&家計簿公開
生活

出来ることは自分でやってみる 技術を身につけると、節約だけでなく生活が楽しくなる

腕に技術をつけるというと、ハードルが高く感じるかもしれません。

でも、自分でできるかもしれないことは、自分でやってみると、意外と簡単なこともあります。

なにより節約にもなりますし、作ったり修理したりする楽しさもあります。

わが家がやっていることをご紹介します。

自転車の修理

オットは自分でパンク修理やブレーキの調整をやっています。

子どもたちも自転車に乗っているので、わが家には5台の自転車がありますが、購入してからずっとオットが管理しています。

急なトラブルにも対応できるので助かっています。

ソーイング

ミシンがあるご家庭は多いと思います。

縫うのは子どもの学校用バッグだけだったのですが、ミシンがもったいない、と思い立ち、始めたソーイングです。

今では、自分が着るものの半分以上が手作りです。

直線とジグザグさえできれば、服は縫えます。

手作りだと、気に入った型で何度も同じものが作れますし、多少良い素材を使ってもお店で買うより安く済みます。

JUKIのミシンを使っています。

 

 

子どものヘアカット

子どもたちの髪は、オットが切っています。

多少失敗しても、子どもなので気にもしませんし、なにより親子の良いコミュニケーションになります。

わが家では、息子にもバリカンを使わず、ハサミで切っています。

そのため、ハサミは良いモノを買いました。

 

まとめ

大した事ではありませんが、自分たちが管理できることが多いというのは、良いモノを長く使うのにもつながりますし、愛着がでたりすることもあります。

ぜひ、何かにお金を出す前に、自分でできないかなと考えてみてください。